リバウンドはダイエットと切っても切れない関係

リバウンドは、ダイエットと切っても切れない関係にあります。対策にはどんなものがあるでしょう。リバウンドの構造を理解することで、対策が立てやすくなります。リバウンド対策を立てるためには、人体とリバウンドとの関係を理解することが大事だといいます。ダイエットに取り組む人の多くは、食事の分量を減らして、運動不足を解消しようとするのではないでしょうか。エクササイズやウォーキングなどで消費カロリーを増やしながら、低カロリーの食事ができるようにメニューを考えます。多くの場合、ダイエットをすると1週間くらいは、すいすいと体重が減ります。リバウンドなんて自分には起きないんじゃないかというくらい、ダイエットがスムーズです。しかし、何日か経過すると、これまでどおりに運動やカロリー制限をしているのに、一向に体重が減少しないという状態になります。人間の体にはホメオスタシスという機能があり、体重が減りつづけないように代謝を抑制したり、リバウンドを引き起こしたりします。急激な気温の変化や、カロリー量の減少で生命維持機能を損なわないよう、ホメオスタシスは外部環境に関係なく体温や体脂肪量などを保とうとします。急に食事の量を減らすと、ホメオスタシスは緊急事態が発生したと判断します。そこで、体内のカロリー消費量を減らし、体内のエネルギーを脂肪にしておこうとします。ダイエットにいいことをしているのに代謝が上がらないのは、ホメオスタシスが原因とも考えられるでしょう、。ホメオスタシスの働きで、体脂肪の蓄積率が良くなっていれば、リバウンドの危険性も増します。リバウンド対策を心がけながらダイエットを成功させるためには、ホメオスタシスがどのような状況下で発動するかを認識することが重要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ