日焼けを紫外線ですることから避けるためには

さまざまな方法が、日焼けを紫外線ですることから避けるためにはあるそうです。日焼け止めクリームや紫外線対策グッズを利用することが、最も一般的な方法です。紫外線吸収材と、紫外線散乱剤などを配合したクリームやオイルが、日焼け止めといわれるものです。一度紫外線を吸収してから熱エネルギーにして放出してくれるのが、紫外線吸収剤です。直に紫外線が肌に当たらないように反射させる効果が紫外線散乱剤にはあります。よく振ってから使ったほうが良いのは、日焼け止めで2層タイプのものです。顔に塗る場合には、隅々に塗ってから、同じ量を重ねて塗るようにしましょう。えり足や首、耳にも忘れないように使用しましょう。サングラスや日傘、帽子などで肌に紫外線がダイレクトに当たらないようにしたいものです。日傘を使う場合に大切なのは、柄をできるだけ短く持ち、肌に近い位置をキープしましょう。色が濃すぎると目の瞳孔が開きやすくなるため、UVカット加工がされている、色の薄いものが、サングラスを使う場合には良いでしょう。肌の露出を控え目にした服装も日焼け対策に有効なので、長ズボンや手袋なども活用しましょう。意外と紫外線が多いことがあるのが、そんなに気温が高くなくても、空が澄み、雲が少ない晴れた日です。大事なのは紫外線の強い時間帯は、できるだけ外出をしないなどの心がけです。日焼けの原因となりますので、窓から差し込む光に含まれている紫外線にも注意しなければなりません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ