最近は日本人でも肥満になる人が少なくなりません。

最近は、日本人でも肥満になる人が少なくなりません。幾つかの疾患は肥満が原因だと言われています。体を支える骨や筋肉は、年齢を重ねるにつれて減っていくという性質があります。ここに肥満がプラスされると関節や骨の不可が増大し、膝の痛みや、腰の痛みなどの関節痛の原因になります。年をとると転びやすくなるのは、肥満した体型を体が支えきれなくなってしまうためです。肥満が原因でリスクが高くなる病気は数多くあります。睡眠時無呼吸症候群、脂肪肝、すい炎、痛風などは、比較的よく知られているものです。肥満は、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がんなどの様々ながんの原因になることもあることが問題になっています。肥満になるとまずかかりやすくなるのが、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病です。メタボリックシンドロームは、生活習慣病の原因となる状態であるとされています。肥満体型のままでいると生活習慣病が進み、血管にダメージを与えて動脈硬化を引き起こしたりします。生活習慣病のまま放置していると、心臓や脳の働きを止めてしまうような病気になってしまいます。欧米人に比較すると、日本人は肥満が原因の生活習慣病にかかりやすいと言われています。インスリンを分泌する量が、もともと少ないためです。しっかりダイエットに取り組むことは、肥満が原因で起きる様々な疾患に対する対策になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ